(あゆみ)
(利用定員50名)
いわき市初となる知的障がい者通所授産施設「いわき学園」を
いわき市常磐に開所。同所に法人本部を設置。
昭和52年4月
いわき市手をつなぐ親の会(知的障がい児・者の親の会、現いわき市手をつなぐ育成会)が中心となり法人を設立、認可を得る。
昭和52年3月
いくせいかいの沿革
法人単独事業としてライフサポートセンター「ゆう・ゆう」の事業開始。
福祉相談受付、休日余暇支援を展開。
平成16年4月
身体・知的・児童の居宅介護事業所、ヘルパーステイション「風雅」をいわき市常磐湯本駅前に開設。
平成17年4月
平成18年4月
ライフサポートセンター「ゆう・ゆう」、ヘルパーステイション「風雅」を、いわき市常磐上矢谷の多目的ホール新築完了に伴い同所に移転。
障害者自立支援法の本格施行に合わせ、ライフサポートセンター「ゆう・ゆう」が「相談支援事業」の指定を受けると共に、共同生活介護・共同生活援助(ケアホーム・グループホーム)事業の指定も受け、5ヵ所(20.4.1現在6ヵ所)のケアホームのバックアップを開始。事務所を育成会本部に移転。
平成19年4月
常磐上矢田の多目的ホールをケアホームとして改築する計画に伴い、ヘルパーステーション「風雅」事務所を、いわき学園「やすらぎの家」に移転。
あわせて、法人本部に事務所を置いたライフサポートセンター「ゆう・ゆう」も同所に移転。
平成21年8月
(利用定員30名)
知的障がい者通所更生施設「いわき光成園」をいわき市常磐に開所。
平成8年4月
福島県内初の知的障がい者通所更生施設・同授産施設の合築型施設
「いわき希望の園」をいわき市泉町に開所。  (利用定員各20名計40名)
平成15年4月
(利用定員50名)
知的障がい者入所更生施設「いわき育成園」をいわき市高倉町に開所。
昭和62年8月
福島県内初で全国的にも珍しい通所施設(いわき学園)が母体となる
グループホーム「ひまわり」をいわき市玉川町に開設。
平成16年1月
利用希望者増加に伴い、いわき学園食堂棟を昭和54年3月に建設し、利用者定員を70名に変更。
昭和54年4月
地域生活移行の取り組みとして、知的障がい者入所更生施設「いわき育成園」の
利用定員を50名から40名に変更。
平成21年4月
障害者自立支援法に基づく障害福祉サービス事業体系への移行を完了する。
いわき学園     通所授産施設→生活介護・就労継続B型(多機能型)
いわき育成園   入所更生施設→入所施設支援・生活介護(障害者支援施設)
いわき光成園   通所更生施設→生活介護 定員30名→40名
いわき希望の園  (更生) 通所更生施設→生活介護
            (授産) 通所授産施設→就労継続B型
平成24年4月