ペットボトルキャップ   の回収と納品
創作活動
利用者自治会 役員選挙

法人育成会の自治会活動としてのペットボトルキャップ収集を希望の園でも行っています。
集めたキャップを各事業所の利用者自治会の代表が納品しています。

書道や貼り絵、絵画を行い、仕上がった作品は希望の園内のギャラリーや障がい者作品展に展示しています。

毎年、他の事業所の利用者自治会との交流会を行っています。

今年はどこの事業所を訪問したいかを役員会で話し合い、訪問しています

ビオトープ

毎年3月に新年度の自治会役員の選挙が行われています。
立候補を選挙管理委員が受付、一定期間希望の園内に告示された後、立会演説会が行われます。
その後全員の投票により役員が選出されています。

自治会交流会
清掃活動

法人育成会の自治会活動として清掃活動を行っています。
海岸や公園をきれいにする活動に希望の園の自治会メンバーも参加しています。

平成17年にスターフォックスメンバーで話し合い、ビオトープを立ち上げました。
メンバーの役員さんが、鉢や土・植物の苗を買って設置。
そこにメダカを投入しました!
毎日の自分たちでお世話をし続けています。
毎年夏になると稚魚が増えてビオトープ内では世代交代を繰り返しています


いわき希望の園が開所した平成15年度に、利用者自治会が発足しました。
発足して間もなく利用者の皆さんにロゴマークのデザインを公募したところ
Kさんのデザインが決定!(左上のデザイン)
このデザインを見たNさんがスターフォックス(星のキツネ)と叫んだのが
いわき希望の園利用者自治会の名称の由来です。
ここから、いわき希望の園利用者自治会の歩みが始まりました。

26年度のスターフォックス役員の皆さんです。